1. TOP
  2. 俳優プロフィール
  3. 塩顔イケメンの代名詞。坂口健太郎の性格や女性のタイプとは

塩顔イケメンの代名詞。坂口健太郎の性格や女性のタイプとは

スクリーンショット 2016-07-26 23.11.13

塩顔男子として一躍話題になり、その後、様々なドラマや映画に休むことなく出演している坂口健太郎さん。アンニュイな雰囲気がなんとも魅力的な彼の基本プロフィール、家族構成や好きな女性のタイプなどをまとめてみました。




塩顔イケメンの火付け役・坂口健太郎

名前:坂口健太郎(トライストーンエンタテイメント)
本名:同じ
生年月日:1991年7月11日
血液型:O型
身長:184cm
体重:不明
出身:東京都
デビュー:2010年
公式ブログ:坂口健太郎 公式ブログ
公式Twitter:@kentaro_s_711
公式Instagram:@sakaguchikentaro

2016年春から始まった連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にも出演し、その存在感をみせつけたいま注目の俳優、坂口健太郎さん。坂口さんは2010年、当時19歳で第25回『MEN’S NON-NOモデルオーディション』に合格し、MEN’S NON-NOの専属モデルとして活動をスタートさせます。

そのスラッとしたモデルスタイルはもちろん、優しく透明感のある坂口さんの表情は、「塩顔」と呼ばれるように。メンズノンノでは20年ぶりの単独表紙も飾り、たちまち「塩顔イケメン」として世間に名が知れ渡りました。

2014年には、昔から興味を持っていたお芝居の世界にも足を踏み入れることを決意。映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビューします。2015年には6本の映画に出演、連続ドラマやNHKの連続テレビ小説にも抜てきされました。

代表作は、映画『ヒロイン失格』や『俺物語』、『コウノドリ』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『とと姉ちゃん』など。2017年には初主演映画となる『君と100回目の恋』も公開される予定です。

坂口健太郎の出身校や家族構成は?

坂口健太郎さんの学生時代を調べてみたところ、中学〜高校時代は、中高一貫校の「明星中学校・高等学校」に通っていたのだそう。大学は、「東洋大学」に進学するも、仕事が忙しく、あまり通えていなかったようで1年で中退してしまったという噂があります。

バレーボール部に所属していた学生時代から演劇に興味があった

坂口さんはその高身長を活かして、中学・高校時代はバレーボール部に所属していました。しかし、本人いわく運動神経はあまりよくないほうなのだったのだとか。

バレーボール部ではキャプテン、中学時代は生徒会長もやっていたというエピソードもあります。運動が苦手でもトップにたてるなんて、もともとカリスマ性があったのでしょうね。

ちなみにこの頃から、演劇の世界に興味があったということも話しています。昔演劇をやっていた坂口さんのお母さんが本の中のキャラクターを「健ちゃんに似てるよ」などと例えてくることがあり、それの影響で物語のキャラに自分を投影することが多かったのだそう。

仲良しな4人家族

坂口健太郎さんは、両親と姉の4人家族。母も姉もわりと厳しいほうで、坂口さんのデビュー作の映画を3人で鑑賞した際にも褒めたりせずに終始無言だったと言います。

だけど、とても仲の良い家族のようで本人も「マザコンだと思う」というほど。お母さんの手料理で1番好きなのは卵焼きなんだとか。

また、お父さんとは2人で飲みに行く仲なんだそう。目撃情報も多々あるようですよ。

坂口健太郎の性格はおちゃめ?子供っぽい?

坂口健太郎さんは、昔は「クレヨンしんちゃん」のような子どもだったのだそう。結構な目立ちたがりやさんで、アクティブだったのでしょう。

大人になった坂口さんはというと、一見クールに見えますが意外とまだまだお茶目なところがあるよう。坂口さんの公式Twitterやインスタグラムは独特な世界観に包まれる一方で、クスッと笑ってしまうシュールな遊び心を覗かせています。また、共演者とのオフショットでもおふざけ顔でうつることも。

テレビ番組では、意外にも酒豪でお酒を水のようにぐびぐび飲み、酔っぱらって家の前で寝てしまうこともあったことを明かしました。それでも「玄関をがちゃがちゃやるとお母さんが起きてしまうから」と、優しい心遣いで、家の前で寝ることを選択した坂口さんは、なんだか憎めませんね。

坂口健太郎の好きな女性のタイプ

坂口さんの好きな女性のタイプを調べてみました。

  • 自分と同じようなゆっくりとした時間が流れている
  • なんでも話せて無理をしなくていい楽ちんな人
  • 結婚は35歳くらいにしろと父親にいわれた
  • 自由に生きてる自分を余裕をもってコントロールしてくれる=年上女性がいいかもしれない
  • ファッションは自分に似合うものを着て楽しんでいる女性
  • 喜怒哀楽がはっきりしていてどんな感情もさらけ出してくれる

かなり自由奔放でマイペースに生きる坂口さんは、そんな自分を理解してくれた上でなにもかもさらけだせる女性が良いようです。35歳に結婚となると、将来を考えた彼女をつくるのはまだまだ先になりそうですね。