1. TOP
  2. コラム
  3. 田之倉ロス、主任ロス、スキコトロス…あのドラマのイケメン俳優7人を振り返る

田之倉ロス、主任ロス、スキコトロス…あのドラマのイケメン俳優7人を振り返る

スクリーンショット 2016-07-29 23.16.22

毎週の楽しみといえば、きゅんきゅんさせてくれるドラマの中の男性キャラクターたち。そんなキャラクターたちがいなくなって、「◯◯ロス」に陥る女性は少なくありません。ここ数年で、私たちを◯◯ロス症候群にさせてきたイケメンキャラクターたちをまとめてみました。あのころのときめきをもう一度思い出しましょう・・♡




こんな年下彼氏がほしい・・田之倉くんロス(福士蒼汰)

「ロス」という言葉を1番に取り入れたのはこのドラマだったかも?

大ヒット少女漫画を実写化したドラマ『きょうは会社やすみます。』では、綾瀬はるかさん演じる主人公・花笑に出来た7つ下の大学生彼氏・田之倉くんが話題になりました。

演じたのはいまをときめく若手俳優・福士蒼汰さん。福士さんの甘いマスクは見ているだけでうっとり・・にも関わらず、田之倉くんは性格までもがイケメンなのです。

一見、恋愛に慣れていてチャラい若者かと思いきや、不器用で正直者の花笑のことをその本質から愛します。

地味な花笑のことも「そのままの花笑さんが好き」と大きな心で受け止め愛する、大人よりも大人な田之倉くん。

そして、冷たいビールを花笑の頬につけてみたり、髪の毛を乾かして♡とおねだりしてみたり・・たまに見せる年下っぽさも大人の女性の心をくすぐりました。

理想の「年下男子×オフィスラブ♡」まさにアラサー女子の理想型が田之倉くんロスを引き起こしたのです。

また、田之倉くんの気取らないけどお洒落な大学生ファッションも話題に。タートルネックがこんなに似合う男子・・そうそういませんよね。

子持ちの大人が醸し出す色気。主任・五代様ロス(ディーンフジオカ)

ここ最近の大ブレイク俳優さんといえば、ディーン・フジオカさん。

彼が演じた様々なキャラクターたちによって、ロスになる女性が続出しました。

まずは、『ダメな私に恋してください』通称「ダメ恋」です。こちらも少女漫画原作のものを実写化したドラマ。

ディーンさん演じる主任は、深田恭子さん演じる柴田ミチコさんにガツガツものを言ういわゆるドSキャラ。

ですが、ドSの主任の魅力はやっぱり優しさとのギャップです。

ひどいことを言ったかと思えば、「ダメ」と書いた美味しいオムライスを作ってくれたり、ミチコがストーカー被害にあえば、すぐに駆けつけてくれる・・普段は怖い主任がみせるそんなキュンキュンシーンに20代〜マダムまでもがぞっこんになってしまった様子。

更に、同時期に放送されていた連続テレビ小説『あさが来た』では、五代友厚を演じきり、これまた朝ドラ好きの若者〜お年寄りまでその名を広めました。

五代様が死んでしまった週には、「五代ロス」というものが・・
あまりの人気っぷりに五代様がもう一度みることができる回想シーンまで用意されたほど。

もはやキャラクターというより、「ディーン・フジオカロス」。

バラエティなどで公開されたディーンさんの双子のパパだという私生活にも、「こんな旦那が欲しい」とメロメロになった女性は多かったようですね。

優しすぎてメロメロに♡最上くんロス(三浦翔平)

「主任ロス」と対抗するように、話題となったのが「最上くんロス」。

ディーン・フジオカさんと同じく、『ダメな私に恋してください』で、ヒロインに想いを寄せるもう1人の好青年・最上くんを演じたのが三浦翔平さん。

三浦さんの最上くんは、アラサーヒロインであるミチコにいつでも優しい王子様のような存在でした。

たまたま同じ会社に務めるようになり、そこでミチコと接近します。

お仕事もでき、まっすぐにミチコを思う最上くん。こちらも田之倉くん同様に、優しい年下男子。

見事にいまのアラサーの夢を具現化してくれた最上くんの笑顔には、多くの女性が癒されました。

最上くん派?主任派?・・そんなの選べない!と女性たちを困惑させた『ダメ恋』。見てなかったあなたはぜひチェックしてみてくださいね。